ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 観光 > 歴史・文化・祭り > 田沼意次侯生誕300年記念事業 > 田沼意次侯生誕300年記念のマンホール蓋が登場

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

田沼意次侯生誕300年記念のマンホール蓋が登場

田沼意次侯生誕300年記念のマンホール蓋が登場の画像1田沼意次侯生誕300年記念のマンホール蓋が登場の画像2
2019年の田沼意次侯生誕300年を記念して、旧城下町相良の本通り・新町通りに、マンホール蓋が設置されました。

牧之原市史料館所蔵の肖像画をもとにした意次侯を中心に、ゆかりのある大江八幡宮の御船神事、相良城にあったと伝わる般若寺の陣太鼓、市の特産品であるお茶の茶畑、市の花あじさいが色鮮やかにデザインされています。
設置を記念して、マンホール蓋をスマホや携帯で写真を撮って市役所相良庁舎2階の観光課窓口で見せると、特製缶バッジをプレゼントします。
お一人様1つ限り、数に限りがありますのでご了承ください。

牧之原市波津727-1地先「後藤楽器店」付近の歩道を探してみてください!


泊まる
海水浴・マリンレジャー
牧之原市観光パンフレットダウンロード
観光ルート
静岡まきのはらフィルムコミッション