ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 観光 > 歴史・文化・祭り > 田沼意次侯生誕300年記念事業 > 「田沼再興」の象徴として募金による意次侯の銅像建立を目指します

本文

更新日:2019年12月25日更新
印刷ページ表示

「田沼再興」の象徴として募金による意次侯の銅像建立を目指します

bokinomote bokinura

江戸幕府の老中を務め、遠州相良藩主として現在の牧之原市を治めた郷土の偉人「田沼意次侯」の生誕300年を迎えます。その功績を顕彰し後世に語り継ぐとともに、市民の誇りの醸成につなげるため、「田沼再興」の象徴として多くの方々から賛同を募り、全国初となる意次侯銅像の建立を目指します。


皆さんの温かいご支援をお願いいたします。

募金の受付方法など、詳しくは銅像募金のチラシ[PDFファイル/981KB]をご覧ください。

目標金額

1,000万円

募金受付期間

令和元年8月26日~令和4年3月31日
※募金額の状況に応じて変更となる可能性があります。

完成予定

令和4年10月

設置場所

牧之原市史料館前(「相良城址」石碑の横)  ※相良城本丸跡

募金金額

一口3,000円以上(返礼品の冊子を進呈します)
※少額の募金は、募金箱にて対応します。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


泊まる
海水浴・マリンレジャー
牧之原市観光パンフレットダウンロード
観光ルート
静岡まきのはらフィルムコミッション