ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 観光 > 歴史・文化・祭り > 意次通信 > 田沼意次侯銅像の建立を墓前に報告

本文

更新日:2021年10月20日更新
印刷ページ表示

田沼意次侯銅像の建立を墓前に報告

ご位牌にお参りする河野委員長

令和3年10月14日、意次侯の菩提寺である東京都豊島区駒込の勝林寺を実行委員会が訪れ、墓前に銅像の建立を報告しました。

田沼意次侯ゆかりの牧之原市では、2019年の意次侯生誕300年を記念して、多くの皆さまの募金により銅像を建立しました。令和3年5月29日に除幕式を開催しましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、墓前報告を見合わせていました。

本堂では、窪田充栄住職の読経のあと、御位牌にも銅像建立の報告をしました。実行委員会から窪田住職には、意次侯顕彰事業へのご協力に対し感謝状を贈呈しました。

牧之原市では、これからも郷土を代表する偉人、田沼意次侯の顕彰を通じて、意次侯の功績を全国に発信するとともに、「賄賂政治家」のイメージ払拭に取り組んでいきます。
田沼意次侯銅像建立墓前報告


泊まる
海水浴・マリンレジャー
牧之原市観光パンフレットダウンロード
観光ルート
静岡まきのはらフィルムコミッション