トップ暮らしの情報国民健康保険・後期高齢者医療・国民年金 > 交通事故にあってしまったときは届出を!!

交通事故にあってしまったときは届出を!!

交通事故など、第三者(相手方)の行為によって負傷したときは、保険証を使って治療を受けることができますが、届出が必要です。届出がされないと、本来加害者が負担する医療費を国保が負担することになります。

国保税の上昇にもつながってしまいますので、第三者行為にあったときは必ず届出をしてください。

届出の手順

  ①警察に届ける
    ▶事故証明書を発行してもらいます。
  ②国保の窓口に届ける。
    ▶事故証明書、印鑑、保険証を持って、「第三者行為による傷病届」を提出します。

届出に必要な書類

〇交通事故証明書
交通事故による傷病届
事故発生状況報告書
念書
誓約書

人身事故証明書入手不能理由書(交通事故証明書が「物損事故」扱いになっている場合に必要となります。)
傷病届(交通事故以外)(交通事故以外の第三者行為の場合には、こちらの傷病届及び念書、誓約書を提出します。)

提出書類の記載方法

このような場合も第三者の行為による事故となります

  ◆不当な暴力によりケガをした
  ◆スキー・スノーボード等の接触事故
  ◆他人の飼い犬にかまれた
  ◆落下物にあたった など

 

示談の前に必ず国保へ連絡してください。

  示談を結んでしまうと、国保で診療が受けられなくなる場合があります。

 

お問い合わせ

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

市民課 電話:0548-23-0023


お問い合わせフォーム

トップ暮らしの情報国民健康保険・後期高齢者医療・国民年金 > 交通事故にあってしまったときは届出を!!