トップ暮らしの情報住まい > 木造住宅耐震補強事業

木造住宅耐震補強事業

在来工法により建築された木造住宅の耐震補強工事の実施費用に対し、補助金を交付します。

補助対象

  • 昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅
  • 静岡県耐震補強相談士が策定した補強計画に基づく補強工事
  • 現況の耐震評点が1.0未満のものを0.3以上向上させ、かつ1.0以上にする工事
  • 建物の一部が木造以外の場合は対象とならないことがあります。

申請者

  • 対象住宅の所有者
  • 対象住宅の居住者(所有者の承諾が必要です)
  • アパート借家等の場合は、入居者の承諾が必要です。

補助金額

<一般世帯>

 補助額:600,000円 (耐震補強をPRする場合:750,000円)

<高齢者のみ世帯、重度の障害がある方が居る世帯等>

 補助額:800,000円 (耐震補強をPRする場合:950,000円)

<子育て世帯(中学生以下の子供がいる世帯)>

 補助額:800,000円 (耐震補強をPRする場合:950,000円)
 

 ※注1 費用が補助額以下の場合は、実費用の補助となります。

 ※注2 耐震補強PRは、工事中のPR看板の設置(必須)と併せて、①工事中見学会、②工事後見学会、③感想文と写真のうち、いずれか1つ以上の実施が必要となります。

手続き

1 申請

申請書に次の書類を添えて市に申請します(申請書の様式はこちら

  • 耐震補強工事の見積書の写し
  • 案内図(縮尺1/2,500以上の図)
  • 昭和56年5月31日以前に建築されたことが分かる書類
  • 耐震診断結果報告書及び耐震補強計画書
  • 補強計画平面図(補強前後)
  • 住宅所有者の承諾書(所有者以外の申請の場合)
  • 家族構成報告書(一般世帯以外の場合)様式はこちら
  • 身体障害者手帳等(重度の障害がある方がいる世帯の場合)

※注1 補助制度を利用する場合は事前の申請手続きが必要です。施工業者と契約をする前に手続をしてください。

※注2 事業の受付は各年度の1月末日まで(完了報告は各年度の3月10日まで)になります。

   ↓

2 事業実施

市から補助金交付決定通知書を送付します。決定通知書を確認の後、施工業者と契約、工事を実施します。

   ↓

3 中間検査

市が、工事の中間検査を実施します。

   ↓

4 実績報告

工事が完了しましたら、実績報告書に次の書類を添えて報告します(実績報告書の様式はこちら)。

  • 領収書の写し
  • 施工箇所毎の写真
  • 耐震補強工事結果報告書の写し
  • 補強計画平面図(補強前後)

   ↓

5 請求 

市から補助金確定通知書を送付します。確定通知書を確認の後、市に補助金を請求してください。申請者の指定口座に補助金が振り込まれます(請求書の様式はこちら)。

 

お問い合わせ

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

都市計画課 電話:0548-53-2633


お問い合わせフォーム

トップ暮らしの情報住まい > 木造住宅耐震補強事業