トップ暮らしの情報まきのはら移住・定住ガイド > 子育て家族定住奨励金

子育て家族定住奨励金

市では、子育て家族の市内への移住定住を支援するため、新たに市内に住宅を購入した場合、奨励金を交付します。

このたび、従来は必須であった土地の購入要件を緩和し、市民の皆さまがより利用しやすい制度に改正しました。

詳しくは、こちらのチラシ(PDF)をご覧ください。

また、該当するかについては、下記またはこちらのチェックリスト(PDF)で確認していただき、情報交流課へ相談してください。

対象世帯

次のいずれかに該当する家族が対象となります。

  1. 住宅の引渡日が属する年度の4月1日において、夫および妻がいずれも満40歳未満の夫婦がいる家族。
  2. 奨励金の申請時点において、父または母が養育する中学生以下の子がいる家族。(母子手帳の交付を受けている家族も含む。加算は対象外。)

条件

次のすべての条件を満たすことが必要となります。

  1. 住宅の引渡日が平成30年4月1日以降であること。
  2. 対象となる住宅の取得価格の合計額が300万円以上であること。
  3. 対象となる住宅が共有である場合は、対象となる夫婦等の持分の合計が2分の1以上であること。
  4. 対象住宅の延べ床面積が50㎡以上であり、玄関、居室、台所、便所および浴室を備えていること。
  5. 新築または購入した対象住宅に10年以上居住すること。
  6. 対象住宅に居住する方全員が市町村税等を滞納していないこと。
  7. 牧之原市結婚新生活支援助成金、牧之原市空き家リフォーム等補助金の交付を受けていないこと。
  8. 過去にこの奨励金の交付を受けた家族でないこと。

助成の金額

基本額 30万円

次のいずれかに該当する場合は、助成金額が加算されます。

  1. 申請日において、同居する中学生以下の子がいる場合は、同居する子1人につき10万円を加算。
    ※出生前の子は加算の対象外となります。
  2. 対象となる住宅を建築するための土地を購入した場合、20万円を加算。
    ※土地購入の売買契約を住宅の引渡日から起算して、2年前までに締結したものであること。
    ※購入面積が住宅の建築面積以上かつ、取得額が200万円以上の場合に限る。
  3. 申請日から起算して3カ月前までに、市内の事業者から自家用自動車(新車に限る)を購入した場合は、30万円を加算。(申請者夫婦が購入したものに限る)
  4. 市内に本社、支社営業所を有する法人または市内の個人事業者で対象住宅を建築または購入した場合、30万円を加算。
    ※車加算と市内業者加算は、いずれか一方を選択となります。
    ※牧之原市勤労者住宅資金利子補給金の交付を受けた場合、車加算・市内業者加算は受けられません。

提出期限

住宅の引渡日から起算して2カ月以内
※引渡日が、平成30年4月1日~6月30日の方は、8月31日までに申請してください。

必要書類

提出期限までに次の書類を用意し、情報交流課(榛原庁舎5階)に提出してください。

  • 交付申請書兼実績報告書(Wordファイル)  記載例(PDF)  
  • 誓約書兼同意書(Wordファイル)  記載例(PDF)
  • 対象住宅に居住する方全員分の住民票の写し ※世帯主・続柄の省略不可
  • 住宅の登記の全部事項証明書
  • 住宅の売買契約書および工事請負契約書の写し。住宅を購入した場合は、売買契約書
  • 領収書その他の対象住宅の取得費用を負担したことが分かる書類の写し
  • 建築基準法第6条第1項に規定する確認済証及び平面図など対象住宅の構造および居住用部分の床面積が分かる書類
  • 対象住宅の写真(外観ならびに玄関、居室、台所、便所および浴室が確認できるもの)
  • 対象住宅の位置図
  • 対象住宅に居住する方全員分の市町村税等の完納証明書(申請年度を含む過去3年分のもの)
  • 住宅の引渡日を証する書類(鍵の受渡日、最終支払日等が確認できるもの)
  • チェックリスト
  • その他市長が必要と認める書類

※住民票の写し、完納証明書、登記の全部事項証明書については、住宅の引渡日以降に発行されたものとします。

土地購入による加算の場合

  • 土地の売買契約書の写し
  • 土地の登記の全部事項証明書
  • 領収書その他の対象土地の取得費用を負担したことが分かる書類の写し

※登記の全部事項証明書については、住宅の引渡日以降に発行されたものとします。

自家用自動車による加算の場合

  • 自家用自動車の売買契約書の写し
  • 購入した自家用自動車の自動車検査証の写し
  • 自家用自動車の写真(対象住宅と一緒に撮影されたもの)

申請にあたっては事前にご相談ください。

【フラット35】子育て支援型の利用について

牧之原市は、平成29年8月1日に住宅金融支援機構と協定を締結し、【フラット35】子育て支援型の利用が可能となりました。
牧之原市子育て家族定住奨励金事業の補助を受けられる方のうち、一定の要件に該当する場合、【フラット35】子育て支援型が利用できます。

※【フラット35】子育て支援型は、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。
詳しくは、下記のリンク先をご覧ください。

【フラット35】子育て支援型を利用するには、申出確認書受領後、牧之原市が発行する「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書」が必要になります。
下記の申請書に必要書類を添えて、牧之原市情報交流課に申請してください。

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用申請書(PDF)

「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書」を取得された方は、速やかにお申込みの【フラット35】取扱金融機関へご提出ください。本証明書は、必ず資金実行の手続き前までにお申し込みの金融機関にご提出いただく必要がありますので、ご注意ください。

 

お問い合わせ

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

情報交流課 電話:0548-23-0040


お問い合わせフォーム

トップ暮らしの情報まきのはら移住・定住ガイド > 子育て家族定住奨励金