トップ暮らしの情報国民健康保険・後期高齢者医療・国民年金 > 後期高齢者医療制度についてご案内します

後期高齢者医療制度についてご案内します

後期高齢者医療制度とは

75歳以上の方(一定以上の障害のある方は65歳以上)を対象とした医療制度で、平成20年度から始まりました。

75歳になると、それまで加入していた健康保険(国民健康保険、健康保険組合などの被用者保険等)を脱退し、後期高齢者医療制度に加入することになります。

医療機関窓口の一部負担割合は、一般の方で1割、現役並み所得の方で3割であることなど、75歳になるまで加入していた健康保険の給付内容と基本的には同じです。

保険料の算定

この制度では、被保険者一人一人が保険料を支払うことになります。

・保険料額=所得割額+均等割額

 

・所得割額:被保険者の前年所得に応じた金額

 (基礎控除後の総所得金額等×所得割率)

 

・均等割額:被保険者一人当たり定額

保険料率等(年額)

所得割率

7.85%

均等割額

40,400円

賦課限度額

620,000円

低所得世帯の保険料の軽減措置

均等割額

同一世帯内の全ての後期高齢者医療の被保険者と世帯主の総所得金額等の合計が、次の基準額以下のときは、均等割額が軽減されます。

世帯主及びすべての被保険者の総所得金額等の合計

軽減割合

33万円以下のとき

8.5割

33万円以下のとき

(かつ、同じ世帯の被保険者全員が年金収入80万円以下で、その他各種所得がない場合)

9割

(33万円+27万5千円×世帯の被保険者数)以下のとき

5割

(33万円+50万円×世帯の被保険者数)以下のとき

2割

 

被扶養者の軽減措置

後期高齢者医療制度に加入する前日まで、会社の健康保険などの被用者保険の被扶養者であった人は、所得割額を支払う必要はありません。

均等割額も、5割軽減されます。

お医者さんにかかるとき

窓口での負担額(自己負担割合)は、かかった医療費の1割(現役並所得者は3割)です。また、1か月(同じ月内)の医療費の自己負担額が次の自己負担限度額を超えた場合、申請して認められると自己負担限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。

所得区分

自己負担割合

自己負担限度額(月額)

外来

(個人単位)

外来+入院

(世帯単位)

現役並所得者

3割

44,400円

(H29.8.1~

57,600円)

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

一  般

1割

12,000円

(H29.8.1~

14,000円)

44,400円

(H29.8.1~ 57,600円)

低所得者Ⅱ

1割

8,000円

24,600円

低所得者Ⅰ

1割

8,000円

15,000円

※ 75歳になった月の自己負担限度額(月額)は、後期高齢者医療制度加入前の医療保険とそれぞれ半額ずつになります。(毎月1日生まれの方は、誕生月に加入している制度が後期高齢者医療制度のみであり、負担は増えないので対象外です。)

 

 

 

 

後期高齢者医療に関するお手続きの際は

以下より持ち物を確認の上お手続きください。

保険・年金の手続きに必要なもの

 

お問い合わせ

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

市民課  電話:0548-23-0023


お問い合わせフォーム

トップ暮らしの情報国民健康保険・後期高齢者医療・国民年金 > 後期高齢者医療制度についてご案内します