トップ子育て・健康・福祉高齢者福祉 > ひとり暮らし老人緊急通報システム設置事業

ひとり暮らし老人緊急通報システム設置事業

緊急通報システムを貸与し、日常生活の安全と緊急事態への対応を図ります。

対象者

75歳以上でひとり暮らしをしており、緊急時の連絡がスムーズに行えないような方

利用までの流れ

  1. 社会福祉課へご連絡ください。
  2. 包括支援センターの職員が訪問し、日常生活の様子などをお聞きします。
  3. これらをもとに利用の可否を決定します。

利用料金

  • 1カ月175円。半年に1回、口座から引き落としをします。
  • 毎日1回、電話回線が正常であるかを、警備会社が確認します。電話のベルは鳴りませんが、電話回線を使用しますので、1日約10円の電話料金がかかります。

その他

  • 緊急通報システムには、救急通報、火災異常通報、ガス漏れ異常通報、安否確認の機能があります。
  • 利用に関しては、所得の条件などがありますので、詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

社会福祉課 電話:0548-23-0074


お問い合わせフォーム

トップ子育て・健康・福祉高齢者福祉 > ひとり暮らし老人緊急通報システム設置事業