トップ子育て・健康・福祉障がい者福祉 > 第3子以降の児童発達支援 利用世帯の負担軽減事業 始まります

第3子以降の児童発達支援 利用世帯の負担軽減事業 始まります

hattatsu_shien-2.jpg
※画像をクリックすると、ちらしのPDFが開きます。

牧之原市では、子育て世帯の経済的負担を軽減するため、保護者の所得や第1子、第2子の年齢に関係なく、第3子以降(3歳児以上)にかかる児童発達支援などの利用者負担を助成します。

対 象

牧之原市に住所があり、牧之原市の児童発達支援などの支給決定を受けて、児童発達支援事業所などに通う第3子以降(3歳児以上)の未就学の子どもを扶養している世帯の通所給付決定保護者

適 用

平成30年9月分の利用者負担額から対象となります。

※ 申請が必要になります。(ご利用施設などを通じてご案内いたします。)
※ 進学や療養のため別居されているお子さんがいる場合、扶養していることを確認できる書類の提出をお願いすることがあります。
※ 所得制限や扶養する子どもの年齢制限はありません。
※ 保育園・幼稚園と並行通園をしている場合は、助成の対象になりません。

お問い合わせ

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

社会福祉課 電話:0548-23-0072


お問い合わせフォーム

トップ子育て・健康・福祉障がい者福祉 > 第3子以降の児童発達支援 利用世帯の負担軽減事業 始まります