トップ子育て・健康・福祉子育て > 多子世帯の利用者負担額(保育料)を軽減します【市独自事業】

多子世帯の利用者負担額(保育料)を軽減します【市独自事業】

子育て世帯の経済的負担を軽減し、子どもを産み育てやすい環境を整備するため、保護者
の所得や第1子、第2子の年齢に関係なく、第3子以降(3歳児以上)の保育園、認定こども
園、幼稚園の保育料を無償化し子育てしやすいまちを目指します。

対象

牧之原市内に住所があり、3人以上の子どもを扶養している世帯の保育園、認定こども
園、幼稚園に通う第3子以降(3歳児以上)の子どもにかかる保育料

※新たな手続きは原則不要です。
※進学や療養のため別居されているお子様がいる場合、扶養していることを確認できる書
 類の提出をお願いすることがあります。
※保護者の所得制限や扶養する子どもの年齢制限はありません。

所得制限や扶養する子どもの年齢制限適用期間

平成30年9月分の利用者負担額(保育料)から

第3子以降(3歳児以上)保育料無償化に関するQ&A

Q1:市外の保育園に通っていますが、対象ですか?
A1:牧之原市に住所がある方であれば、市外の保育園等に通う方も対象となります。

Q2:保育料を独自に設定している私立の幼稚園に通っていますが対象ですか?
A2:各園で保育料を決定している私立幼稚園に通っている場合でも、就園奨励費補助金
   の制度により、現行の第3子と同様の補助額を、各幼稚園を通じて保護者の方へ助
   成します。

Q3:申請の手続きは必要ですか?
A3:無料になる手続きは特に必要ありませんが、扶養する子どもの人数が変わる時は、
   子ども子育て課へご連絡ください。

新制度ではこのように変わります

第3子以降(3歳児以上)保育料無償化をご覧ください。

お問い合わせ

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

子ども子育て課 電話:0548-23-0075


お問い合わせフォーム

トップ子育て・健康・福祉子育て > 多子世帯の利用者負担額(保育料)を軽減します【市独自事業】