トップ防災・防犯・交通防災 > 風水害・土砂災害からの避難に備えてください

防災・防犯・交通

コンテンツメニュー

風水害・土砂災害からの避難に備えてください

 近年、全国各地で局地的豪雨や台風により、大規模な風水害や土砂災害が発生しています。
 風水害・土砂災害から身を守るためには、最新の気象情報などに注意し、市から避難の呼びかけがあったときには、正しく迅速に行動することが重要です。
 家庭や地域で風水害や土砂災害について理解し、有事の際には、適切に行動できるよう確認しておきましょう。

平常時からできる準備

1. 市が配布した「洪水ハザードマップ」などで、自宅や周辺地域の洪水エリアや土砂災害の危険エリアなどを確認しておきましょう。

 洪水ハザードマップ

 

2. 避難地・避難所を確認しておきましょう。

 指定緊急避難場所(榛原地域)

 指定緊急避難場所(相良地域)

 指定避難所

 

3.  避難に備えて、食料や水、薬、防寒着、着替えなどを持ち出せるようにしておきましょう。携帯電話の充電にも注意を。

災害が発生しそうな場合の準備

 天候の推移や河川の状況など、最新の情報を把握することで、市から避難の呼びかけがあったとき、すぐに避難できるよう準備や心構えができます。
 テレビやインターネットなどで、災害に関する最新の情報に注意しましょう。

 気象・河川・土砂災害・停電情報などのリンク

 

★★★ お薦めの情報収集方法 ★★★


テレビのデータ放送の活用
テレビのリモコンの「d」ボタンを押すと、テレビのデータ放送が見られます。データ放送では、牧之原市の気象情報などのほか、避難に関する情報が出された場合には、その情報が公開されます。
*NHKと静岡放送のデータ放送では、市内河川(坂口谷川、勝間田川、萩間川)の水位も確認できます。

d_botton.jpg 

*ボタンの位置は機種により異なります

市からの呼びかけで迅速な避難を

 台風や豪雨のとき、市では最新情報を多角的に分析し、気象台などとも連携しながら市内の状況を常に監視し、災害が発生する恐れがある地域や災害が発生した地域に対しては、避難の呼びかけを実施(避難勧告などを発令)します。
 呼びかけの種類によって、発令時の状況と住民に求められる行動が異なります。正しく理解し、呼びかけがあったときには、速やかな避難行動をお願いします。

 避難勧告等の種類と住民に求める行動

 

★★★ 水害の場合は「垂直避難」も有効です ★★★

水害の場合、足腰が不自由等で避難が困難な方や、夜間や雨脚が強い場合など、避難が難しい状況となったときには、無理に避難所へ移動はせず、住宅の2階など高いところへ避難することも有効です(これを「垂直避難」といいます)。ただし、河川の近くや土砂災害の危険エリアの方は、避難所への避難を優先してください。

避難の呼びかけ手段

 市からの避難の呼びかけは、同報無線や市ホームページのほか、緊急速報メールで実施します(NTTドコモでは「エリアメール」と呼ぶ場合があります)。
 緊急速報メールは、災害発生の危険度が高くなったときなどに、市内にある携帯電話へ強制的に送信されますので、災害時にはこのメールに注意してください。
 なお、受信拒否設定となっている場合や緊急速報メールの受信機能がない携帯電話には、このメールは届きません。受信設定や機能の有無については、携帯電話会社へお問い合わせください。

 

風水害・土砂災害の時は、最新の情報に注意し、状況に応じた行動が重要です

お問い合わせ

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

防災課 電話:0548-23-0056


お問い合わせフォーム

トップ防災・防犯・交通防災 > 風水害・土砂災害からの避難に備えてください